住宅・リフォーム業界専門コンサルティング&研修|サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)が、住宅・リフォーム業界に特化したコンサルティングと研修を行います。

ホーム売れる住宅・リフォーム塾 ≫ 【第二話】今ちゃんとオンライン研修ができています 「こ... ≫

【第二話】今ちゃんとオンライン研修ができています 「これは痛い!キャプチャーボードがなくWEBカメラで研修対応」

住宅・リフォームオンライン研修

【最初はオンライン研修どうしたらいいか途方に暮れる】

 第一話でお話ししましたが、パソコンについているカメラの前での研修は、評判が悪く「これではだめだ、どうにかしなければ。。。」と気持ちだけは焦る状態でした。
【第一話】今ちゃんとオンライン研修ができています 「双方向のオンライン研修ができるまでの大失敗談」


しかし今までオンライン研修について考えたことも知識もなく、機材となると全く興味がなかったため無知状態で、何から始めたらいいのか、どうすればよいのかが皆目わからない状態でした。
ちょうど学校や塾で、オンライン学習をしなければならないと言われ始めた頃だったため、知り合いの講師の方に聞いても、ネットやデジタル、PCにに弱いということで、解決策は得られず途方にくれました。
 

【クレームから何を用意したらよいかを整理するが、前途多難】

 普通は、まずはカメラ屋さんにLIVE配信できるオンライン研修の機材のことを聞きに行くのだろうとは思いつきましたが、ブレーキがかかりました。
いつも思い立ったらすぐに走り出すことも多いですが、後悔をすることもあるため、クレームをもとにどうすればよいのかを整理することにしました。
 

「クレームの主なもの」
  ・パソコンカメラの写りがイマイチで、画面が暗く陰気に見える
 ・講師アップの時、顔だけ大きくガーンと見えて動きがなく伝わりにくい
 ・パワーポイントを共有してみていただくだけでは、退屈になり持たない
 ・ホワイトボードに書かないとわからないことがある
 ・パワポのどこの話をしているのかわからない
 ・とにかく研修を2~3時間じっと聞いているのがつらい


「クレームから思いついたこと」
  ・リアル研修の時のようにWEB上で動きのあるLIVE研修をしたいので、カメラを用意
  ・顔が暗くなるので照明が必要
  ・ホワイトボードも映せるようにしたいので三脚にカメラを載せる
  ・パワポのどこを指しているのかわからないため、Zooomのポインター機能を使用

オンラインWEB研修 

【知識がないため、問題を中途半端にしか解決できない】
 
今思えば、この頃は何もわからないため、単純にカメラ・三脚・照明を用意するとリアル研修に近づくのではないかとしか思いつきませんでした。
本当に痛いです!
ある程度オンライン研修の方法の知識を得て、本質が理解できていないと、根本的な問題発見ができず、解決方法も中途半端な状態になることが今になって再認識しました。

 

【キャプチャーボードなるものを初めて知る

 LIVE配信でオンライン研修をするにあたり、どのようなカメラ等の映像機器が必要かをネットで調べました。そこで初めて知ったのは、LIVE配信をするためには、対応できるカメラやビデオカメラが必要なだけでなく、キャプチャーボードが必須であることを初めて知りました。
キャプチャーボードとは、カメラやビデオで撮影した映像をパソコンで取込み録画や配信するための機器です。ゲームをする場合使われているとのことでしたが、全く知りませんでした。
 

【ショック!キャプチャーボードが軒並み売り切れ】

 秋葉原にある大手家電店に行き、販売員さんに相談してLIVE配信できる某メーカーのカメラ、三脚を購入しました。照明は知り合いから借りることができました。
ここにも新型コロナウィルスの影響がありました。肝心要のキャプチャーボードが軒並み売り切れだったのです。
理由はリモート会議やオンライン学習が急に増えたことで品薄状態になったとのことでした。
そこで、せっかく購入したカメラが使えない状況でがっかりすると同時に、日にちが迫っているオンライン研修をどうするかと非常に困った状況になりました。
 

【三脚にWEBカメラをつけ研修を乗り切る】

 そこで緊急措置としてロジクール ウェブカメラ C922nをAmazonで購入し、三脚につけて研修を行うことにしました。
ロジクール ウェブカメラ C922nは、自動HD光補正機能が搭載されており、ピントも自動調整してくれます。薄暗い場所でもピントを合わせ、映像ははきれいに映ります。また、78℃の視野角度があるため、パソコンに搭載されているカメラより広角です。音もきれいに聞こえます。
 
少し離れた場所に三脚に載せたウェブカメラを置いて、どうにか講師の顔とホワイトボードを少し入れることができました。
なんとか研修は乗り切れ、その日はクレームがありませんでした。

WEBカメラでも研修はできることはわかりましたが、理想とするリアル研修のような動きや表情の見える伝わる研修には、まだまだ遥か遠い状況でした。

ロジクール ウェブカメラ C922n Pro Stream

                 ※Amazonで購入したWEBカメラ
今はこのWEBカメラは、オンライン会議の時に使っています。
 
最終的にはリアル研修に近いオンライン研修ができるようになりますが、まだまだオンライン研修の知識がないためドジな話が続きます。
この話の続きは次回に記載いたします。

 

お問い合わせはこちら

2020年12月30日 10:00