住宅・リフォーム業界専門コンサルティング&研修|サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)が、住宅・リフォーム業界に特化したコンサルティングと研修を行います。

ホーム売れる住宅・リフォーム塾 ≫ 建替準備進む名建築「葛西臨海水族園」 ≫

建替準備進む名建築「葛西臨海水族園」

葛西臨海水族園

東京都葛西臨海水族園の建替え工事がもうすぐ始まる

10月1日の「都民の日」に東京都が管理する施設が無料のため、建替え工事目前の東京都葛西臨海水族園へ行った。
東京都の8月26日の報道では、整備事業の落札業者が決定し、新水族園の建築が今年(2022年)から開始される。

水族館というと、子供連れで魚の生態やペンギンなどの水生生物を見に行く施設であるが、葛西臨海水族園は、建築物として一度は見ておきたい名建築である。
この水族館は1989年(平成元年)竣工の谷口吉生が設計した葛西臨海公園の自然とマッチしたモダンなドーム型の建築物である。
しかし、すでに33年が経ち、老朽化、バリアフリー対策が十分でない点、飼育スペースが狭いなどの問題により、新水族館が公園の敷地内に建築される。
今年(2022年)から設計・工事が開始され、2026年度に新水族園が開園する。現在の建築物は、解体されるのか、活用・保存されるのかは現在の時点では未定である。

東京湾の海と空に浮かぶ名建築物を鑑賞する

葛西臨海水族園海と一体感

現在の建築物は保存されるのかが不明なため、工事が本格的に始まる前に、見ておこうと思い、10月1日の「都民の日」に訪れた。土曜日で無料公開日のため、海の生き物の鑑賞を楽しむ親子連れで水族園の中は混雑していた。

葛西臨海水族園は、正面に見えるガラスのドームの建築物が、東京湾の青い空と海と一体化しているように見え、建築物があることによっ、て非常に美しい景色を楽しませてくれる。
水族館自体は地下にあるため、透明のドームのみが見えており、周囲につくられた池によって、東京湾の海の中に浮かんでいるかのように錯覚する光景が圧巻である。クリアなドームは、空と海の青さと周囲の木々の緑の自然に調和し、モダンでクリアな空間を演出している。
葛西臨海水族園は、33年を経た無機質な素材で作られたモダニズム建築物であるが、今の時代にもマッチする自然との共生を感じる名建築である。

葛西臨海水族園浦安を臨む

追記:10月1日「都民の日」とは?なぜ都の施設が無料?

東京市の自治の歴史と関係する「都民の日」
毎年、10月1日は「都民の日」であり、都の管理する施設が無料になるので楽しみな1日である。今年は土曜日でもあり、コロナもやや落ち着いてきたため、各無料の施設は混雑したようである。 
東京都は、1952年(昭和27年)に10月1日を「都民の日」としている。この日は、東京市誕生の歴史と関係する。
明治22年5月に、東京府の中に新たに東京市が誕生したが、市政特例によって東京市長や市の職員を置かず市役所もなく、国が任命した府知事や府の書記官が行政を行い、自治が制限されている状態であった。その中、市民の市政への参加運動により、明治31年(1898年)10月1日に東京市は市政特例が廃止され、市会によって選出した市長を置き、市役所を開設して新しい東京市が誕生した。
この歴史を後世に残すため、1922年(大正11年)10月1日を「自治記念日」とし、自治の大切さを自覚しようという願いをこめて、19522年(昭和27年)に「都民の日」を設定した。


 都民の日は入場無料の施設がある
東京都のホームページでは、10月1日の施設の無料公開や記念行事を行うことが報道され、都関連の庭園、美術館、動物園などの施設が無料になることを記載している。
 

都民の日の入場料無料は「都民の日条例」で決められている
「都民の日条例」の第一条で、「都民の日」とは何か、その目的が把握できる。
第一条
東京都民がこぞって一日の慰楽をともにすることにより、その自治意識を昴揚し、東京都の発展と都民の福祉増進を図るために、都民の日を設ける。
 
第三条  
都民の日には、東京都庁及び所属公庁は、都政の普及と理解に資するため諸施設を公開し、各種の記念行事を行うものとする。

第四条 
都民の日には、都の営造物及び諸施設の使用料、手数料及び入場料その他の料金で別に知事が指定するものに限り、当該条例の規定にかかわらず特にこれを減免することができる。
 
このように「都民の日条例」の第三条と第四条で都が管理する施設が無料になることが示されている。

せっかくの「都民の日」、無料の施設で楽しむのもよし。変わりつつある東京都の施設の建築物を見るもよし。
今回の「都民の日」は、建替えられる名建築の葛西臨海水族園を再度見学し、懐かしむ、とても有意義な日となった。

2022年10月01日 18:00

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)

〒135-0063
東京都江東区有明3-7-11
有明パークビル20F

電話番号
03-5665-3955

FAX番号
03-5665-3956

受付時間
月~金(祝日除く)
9:00~17:00