住宅・リフォーム業界専門コンサルティング&研修|サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)が、住宅・リフォーム業界に特化したコンサルティングと研修を行います。

ホーム売れる住宅・リフォーム塾 ≫ シンボルプロムナード公園で思う都市計画の重要性 ≫

シンボルプロムナード公園で思う都市計画の重要性

ミライトワとソメティの花のモニュメント_コピー_コピー

ペニチュアが満開の巨大なミライトワとソメイティのモニュメント

サクラ・ワーク(エスサポ)の事務所のすぐそばに、江東区有明のシンボルプロムナード公園の石と光の広場のマスコットガーデンがあります。
そのマスコットガーデンには、オリンピック・パラリンピックを盛り上げるために、ペチュニアの花に飾られたtokyo2020の大会マスコットのモニュメントが造られています。
オリンピック、パラリンピックの大会中はボランティアの方がおられ、カメラの三脚の貸し出しもあり、マスコットと共に記念撮影をすることができます。夜はライトアップもされており、とてもきれいで見ごたえがあります。

ミライトワとソメイティを飾るペニチュアの花言葉は「安らぎ」 


ペニチュア

ミライトワとソメイティのモニュメントは、4メートルほどの高さがあり、その大きさに圧倒されます。
先日、花が枯れて鉄骨が出ていましたが、花が植え替えられました。しばらくは花がまばらでしたが、ようやくペチュニアが次々と咲き、とてもきれいで可愛いが見られるようになりました。
ちなみに、ペチュニアの花言葉は英語では「your presence soothes me」で、「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」で、心が穏やかに癒されるという意味をもつ優しい花です。

心癒され健康が維持できるビジネス環境をつくる都市計画が重要

有明南地区東京ビックサイト

シンボルプロムナード公園は、昭和61(1986)年に副都心として位置付けられた「臨海副都心(青海、有明、台場)」のさまざまな施設を繋ぐ、全長4キロの細長い遊歩道です。ウエスト、センター、イーストの3エリアのプロムナードからできており、四季折々の花が咲き、公園内にいろいろなオブジェを見ることができる癒しの場所です。

人工的に都市化された街やビルの中で、仕事をしているとストレスを感じることが多々あります。
臨海副都心は、未来に向けた新しい計画的につくられた都市で、多くの施設やビルが建ち並んでいます。しかし、都市づくりの中で、水と緑を取り入れて良好な景観をつくり、ビル群の中に遊歩道や災害避難場所をつくり、緑と花と都市を融合させた街並みになっています。

水辺や花や樹木・植物は、科学的にストレスを解消させ、心と体をリラックスさせる効果があるとされています。
そして、仕事の休憩時間や帰宅時に湾岸の風を感じる花咲く緑の遊歩道を散策することで、気分転換になり、健康も維持されます。臨海副都心は、ビジネス環境と癒し、健康を維持し、災害時の安心の機能を持った都市になっています。
人間的に生きるためにも、ビジネス環境と自然を取り入れた環境を融合させた都市計画は、とても重要であると感じています。

ミライトワとソメイティのモニュメントがある石と光の広場のシンボルプロムナード公園は、東京ビックサイトの前のイーストプロムナードにあります。
東京は緊急事態宣言下ですが、密にならない撮影スポットですので、東京の方はシンボルプロムナード公園の散策もかねて立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

2021年08月31日 19:00

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)

〒135-0063
東京都江東区有明3-7-11
有明パークビル20F

電話番号
03-5665-3955

FAX番号
03-5665-3956

受付時間
月~金(祝日除く)
9:00~17:00