住宅・リフォーム業界専門コンサルティング&研修|サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)が、住宅・リフォーム業界に特化したコンサルティングと研修を行います。

ホーム売れる住宅・リフォーム塾 ≫ 家電店のキッチンリフォームは家電販売をきっかけに空間提案へ ≫

家電店のキッチンリフォームは家電販売をきっかけに空間提案へ

熊本サンエコライフ研修_コピー

熊本の家電専門店のサンエコライフグループさんのキッチンリフォーム研修を、Panasonic熊本ショウルームをお借りして行いました。

講義と実習を交えた体験型の研修で、動作について把握していただき、LDKの空間提案の方法を学んでいただきました。
 

【リフォーム提案は自分の気づきから】
 

地域密着型の家電販売店さんの場合は、家電販売を通じてお客様と密接なつながりを持っているため、お客様のお宅に訪問しやすいこと、お客様の家族構成やお家の事情までよく知っていることがメリットです。

エアコン、テレビ、冷蔵庫や家電調理器などの納品時に、家に上がることができ、家の状態も把握できるため、リフォームを受注できる機会に恵まれています。それでプロのようにリフォームを手掛けている家電店の方もおられます。

 

研修をしてみて気づいたのは、冷蔵庫や家電調理関係の商品を納品した時に、リフォーム提案に気づかないで機会損失をされている方も多いようです。家電販売や家電工事とリフォームを分けて考えてしまっている方もいるようです。

 

例えば冷蔵庫を搬入する時家電店キッチン点検_コピー_コピー

・段差があって大変だ

・出入り口の扉の開き方が搬入に障害になる

・ドアがきしんでいる、開きにくい、隙間があり上手く締まらない

・出入り口が狭い

・冷蔵庫置場はキッチン作業をしながらだと不便な位置だ

・冷蔵庫を置く床や壁が傷んでいる、汚れがひどいキッチン点検_コピー

などにまず自分が「気づく」ことが重要です。

 

「段差がありますけど、大丈夫ですか?」

「冷蔵庫この位置で使いやすいですか?」

ドライバーをいつも持っておいて、

「ドアちょっとぎーぎー鳴りますね。丁番のねじをちょっと閉めておきますね。」

ということや行動で、お客様とお家のことで会話が始まると、リフォームに繋がるきっかけになります。

 

家電販売店さんの場合には、他にも、キッチン全体の照明の暗さ、炊飯器の置き場所の使い勝手、エアコンの効き具合など、自分の得意分野の家電の話や点検から入ると、キッチンリフォームの押し売りではなく、自然にリフォームの話題に入り込めます。

 

まずは自分がお客様のお住まいの問題点に沢山「気づく」かが、リフォーム提案の第一歩です。

 

【キッチン設備単品ではなく、LDK全体の問題解決提案を!】

現在のキッチン設備は、格段に機能やデザインが良くなり、使い勝手やお掃除の容易さで魅力的な商品になりました。最新のキッチンに憧れ、キッチンリフォームをしたいと思う方が多くおられます。ついつい、キッチン設備の商品説明のみに集中しがちです。キッチンの使い勝手の改善は、キッチン設備を取替えることだけで解消されるわけではありません。

 リビングデザイン_コピー

実際にお客様は、毎日キッチン、ダイニング、リビングを動いて調理、配膳作業をされているため、いろいろと話をしていると動作空間としても、LDK全体に不便や問題を抱えていることがわかります。収納の問題もキッチン設備のみ変えても解決できない家電の収納や配置の問題、根菜類や米、ゴミ箱の収納など日常のこまごまとした問題点を抱えていることが多いのです。

 

調理・配膳など日常の動作がしやすいプラン、家電が使いやすく調理台を占領しない収納プラン、ダイニングやリビングと動作が安全に繋がる拡大提案の能力が必要です。

【キッチンリフォームは断熱・耐震の提案も必要】

一戸建て住宅のキッチンは、冬寒く、夏熱いこともあります。冬は勝手口から冷えて、足元にすきま風を感じ、快適にキッチンでの作業ができないもあります。

勝手口は断熱性が良くない単板ガラスやアルミの場合は、夏は熱が入り熱く、冬は熱が逃げてしまいますので、断熱性の良い勝手口にすることをお勧めします。窓も同じですので、二重サッシ、Low-E複層ガラスに変えて枠も樹脂サッシに変えるなどの提案が必要です。

しかしそれだけでは不十分なので、断熱材の改修をお勧めして冷暖房が効きやすく快適な部屋にリフォーム提案することがお客様の健康維持のために大切です。

 

LDKリフォームで、柱を抜いたり壁を取って間取り変更をすることがあります。耐震性が良いといわれる家でも、空間を広くしたり、筋交いの入った耐力壁をとることでバランスが崩れることがあります。

リフォームをするときに、家全体の間取りを見て、上下階の柱の位置があっていない、壁の配置が悪い、壁が少ない間取りなどバランスが良い家かどうかも見る必要があります。

19816月以前の旧耐震基準の家は特に注意が必要ですが、それ以降の家でもリフォームを繰り返し、バランスの悪い家を多く見かけます。

いつどこで地震が起こるかはわかりません。水廻りリフォームだけの時でも、耐震性についてアドバイスできるようにするために、勉強をしておくことでお客様から信頼を得ることができます。

 

【阿蘇くまもと空港はくまモンがかくれんぼしているらしい】

阿蘇くまもと空港にはいたるところに「空港内にくまモンが、かくれんぼ??見つけると、幸せになれる?!」ということです。

そのくまモンは、大きさはラグビーボールくらいで立体ではなく、平面ということなので、ぬいぐるみではないようです。

到着時には、その情報を知らず、帰りは搭乗時間ぎりぎりに空港に到着したので慌てていて見つけることができませんでした。そこで、搭乗ぎりぎりでしたが、平面ではない「立体くまモン」を見つけたので一応撮影しておきました。

次回は11月に熊本にいきますのでその時に、探して幸せになりたいと思います。
熊本空港 (2)_コピー 熊本空港ANA (1)_コピー 熊本空港 (1)_コピー

 家電販売店様のリフォーム研修は、サクラ・ワークSsapo(エスサポ)で行っております。

お問い合わせはこちら

2019年07月25日 22:00

モバイルサイト

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

サクラ・ワークのSsapo(エスサポ)

〒104-0032
東京都中央区
八丁堀2-13-2
ドミノビル5階

電話番号
03-6222-8170

FAX番号
03-6222-8172

受付時間
月~土 9:00~17:30

会社概要